はぎ妻でするんるん

今日は、京都よりお越しいただきましたH.Cさまのダイヤモンドリングリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
お持ち頂いたのは、こちらの1.06ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
/RIMG0270.jpg

脇にメレダイヤが付いているシンプルなデザインですが、
1粒ダイヤモンドリングも然り、
フォーマルな印象のリングなのでカジュアルなお洒落には本当に合わせにくいんですあせあせ(飛び散る汗)
こちらを今や定番デザインとも言える
メレダイヤをアームに彫留めでセッティングしているカッチリ系のシャープなリングへリフォームさせていただきました。

* アフター *
/RIMG0099.jpg

実はこのビフォー写真のカメラ、新しく購入したカメラで写した物なのです。
私的には以前のカメラが本当にきれいに写ってもっと良かったのですが、
壊れてしまったので仕方がありません。
もっと売り上げが上がったら高くて良いカメラに買い替えますので
今しばらくお待ちくださいませたらーっ(汗)

/RIMG0106.jpg
/RIMG0104.jpg

H.Cさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。

ダイヤモンドリングをカジュアルなシーンで身につけやすいデザインへリフォームなさる事をおすすめしておりますが、

「それじゃ、フォーマルなシーンでダイヤモンドリングが身につけられなくなってしまう!」と思い違いなさっておられませんか?

ダイヤモンドリングはどんなデザインでもダイヤモンドリングに変わりはございません。
失礼なデザインなんてまず無いと言えるでしょう。
カジュアルなシーンでも身につけやすいデザインでしたらフォーマルなシーンで身につけても全く問題はありません。
逆に1粒ダイヤモンドリングのようにフォーマルなシーンでは無難に身につけられるけど、カジュアルなシーンでは何故か似合わなく仰々しい印象になるのでご購入後数回しか身につけられないとおっしゃる方の方が大多数なのです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ