ダイヤモンドリングのリフォーム*1つのリングからステーションネックレスとリングへ【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、以前にも当店でジュエリーリフォームしてくださいましたI.Mさまが数点のジュエリーリフォームをご依頼頂いたのでご紹介いたします
何点かご依頼頂いたので2回に分けてご紹介いたしますね


さて、
最初にご紹介するのは、メインのダイヤがが0.53ct、メレダイヤが15ピーストータルで超1.5ctUPもあるゴージャスリングです
全て合わせるとトータル約2カラットUPですね!

* ビフォー *




すごく個性的でゴージャスなダイヤモンドリングなのですが、
最近ちょっと身につけにくく感じるようになってしまい、
カジュアルにも身につけやすいデザインへリフォームなさりたいとのご相談でした。


まずは、
メインの一番大きな0.53ctのダイヤモンドをこちらのリングへリフォームいたしました

* アフター *




K18イエローゴールド製の6点留めのミル打ちアンティーク風リングへ生まれ変わりました





ミル打ちで高級感があるのにK18イエローゴールド製のせいもあって
肌馴染みもよくカジュアルに身につけやすいリングになりましたね。





そして、
同じビフォーリングの15ピースのメレダイヤのうち大きめの物を12ピーストータル1.4ctを使用した
Pt850製 85cmダイヤモンドガードル巻き ロングステーションネックレスへリフォームいたしました

* アフター *




使用したメレダイヤは大きさがグラデーションになっていてたこともあり、
I.Mさまのご希望もあってダイヤの配置はランダムにさせていただきました。
大きさや重さのバランス等もあるので、配置はお任せいただき仕上げさせて頂きました。

一番大きいメレダイヤは確か0.2ctぐらいの大きさがありました。

0.2ctはメレダイヤとは言えませんけどね


85cm全体を写すとこんな感じです。
ちょっとわかりにくいですが




アップにするとこんな感じです。





ロングネックレスは写真でなかなか素晴らしさをお伝えしにくいのですが、
I.Mさまが身につけられたらとーっても素敵でしたよ


I.Mさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

明日は、I.Mさまのリフォーム後編をご紹介いたします。

ダイヤモンド等の宝石は使い捨てではありません。古いデザインの枠を新しい身につけやすいデザインの物にリフォームなさったら、まるで新しい製品に生まれ変わるんです。
宝石、特にダイヤモンドはこの地上で一番硬い鉱物ですから、経年劣化する事無く何十年、何百年と品質は全く変わらないのです。古いデザインの枠は「古いお洋服」って思ってください。新しく可愛いお洋服に着替えさせて上げたら、誰にも負けないキラキラの素敵な新品ダイヤモンドに生まれ変わります。