立爪1ctダイヤモンドのリフォーム*6点留めエタニティ風リングへ【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はH.Mさまよりお持ち頂いた1ct立爪ダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたします


お持ちになられたのは、こちらの1.01ctダイヤモンドの古い立爪リングです

* ビフォー *




せっかくの1ctダイヤモンドリングですが、この爪が大きい古い枠では出番がありませんね
そこで、
1ctダイヤモンドが大きく際立つ、華奢なエタニティ風リングへリフォームいたしました

* アフター *




アームが華奢な上に1ctダイヤモンドが6点留めでセッティングされていますので
さらにメインの1ctダイヤが大きく引き立つリングデザインですね。











こちらでしたら、1ctダイヤモンドもおしゃれに普段使いできそうですね!

H.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

太めのアーム幅がお好きなお客様もたくさんおられますし、新しいダイヤモンド枠でも太めのアームデザインの物はご用意できますが、アームが太くなればなるほど、指輪としてのボリュームが出てきますが、メインのダイヤモンドはそれと比例して目立たなくなってしまいます。
メインのダイヤモンドを際立たせたければ、華奢なアームやメインのダイヤに向かってアームを絞っているようなデザインの方が良いです。
ですが、指輪としての存在感を出したい!等、お好みはそれぞれですので、リングデザインで迷われている方は是非ご相談ください。