立爪ダイヤペンダントをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、H.Aさまよりお持ち頂いた古いデザインのダイヤモンドペンダントネックレス2点のリフォームです。

最初にご紹介するのは、

0.58ctの立爪(三角爪)のダイヤモンドペンダントネックレスです
* ビフォー *

かつてダイヤモンドの指輪もそうだったように、
ダイヤモンドのペンダントネックレスも同じく大きな爪でセッティングされていました

チェーンも今ではほとんど見かけない喜平チェーンで、
全体的に重たい印象で、さすがに身につけられませんね
同じようなペンダントを2点お持ち頂いたうち、こちらの方が大きかったのでリングにリフォームする事になりました

仕上がりはこちら!
* アフター *

K18イエローゴールド製で人気のメレダイヤ取巻きリングへ生まれ変わりました
K18イエローゴールド製がお肌に馴染んでカジュアルで可愛らしい印象のリングですね。

そして、
もう1点も同じく立爪のダイヤモンドペンダントネックレスです。
* ビフォー *

こちらは0.234ctと小さめなのでペンダントへリフォームする事になりました

違う大きさのダイヤが2つある場合、大きめの方を指輪にして小さめの方をペンダントになさる方が身につけていて
バランスが良い
のです

そしてこちらも指輪とお揃いのメレダイヤ取巻きのデザインへリフォームいたしました
* アフター *

2点のダイヤモンドが、それぞれカジュアルに身につけられそうなお洒落なジュエリーに生まれ変わりましたね
H.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

リフォームのご相談でお持ちになられる宝石を「あまり良くない物なんですが…」と前置きされる方が結構な割合でおられます。
もちろんご謙遜かもしれませんが、多くの場合、ご自分の宝石の価値をあまりわかっておられないようなのです。ご自分の宝石なら大体はわかるにしても、ご家族の方から受け継がれたジュエリー等は大変古い物が多いので、デザインだけ見るとまるでおもちゃのように感じられたりして勝手に「良くないもの」「あまり価値がないもの」と判断されておられるお客様をしばしばお見かけします。
ご家族のご遺品等でたまにフェイクジュエリーをお持ちになられる場合もございますが、勝手に判断なさらず是非一度全てお持ち頂けましたら「リフォームするべきもの」「そうじゃないもの」「地金部分を下取りにまわしたほうがいいもの」などご提案させていただきますので、是非ご相談にご来店くださいませ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

【LINEはじめました。】
ブログ更新情報配信してます。
友だち追加