0.18ctダイヤリフォーム*ご家族の指輪【神戸 元町】

はぎ妻です

今日はT.Hさまよりお持ちいただいたダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたします

お持ちになられたのはご家族から受け継がれた古い0.18ctのダイヤモンドリングです
* ビフォー *

せっかく頂いたダイヤモンドリングですが、

こちらのデザインのままでは身につけられませんね

こちらを普段使いしやすいようK18イエローゴールド製で

4点留めミル打ちアンティーク風リングへリフォームいたしました
* アフター *

こちらのリングデザインは
女性らしくアンティーク風で高級感があるので年齢関係なく人気なんです

ご家族から受け継がれたダイヤモンドが見事に素敵に生まれ変わりました
T.Hさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ミル打ちは好き嫌いが別れる加工の一つです。お好きな方は1点ミル打ちが施された加工のリングなどを作られると、その後に別のお品もミル打ちが施されたデザインをチョイスされたりなさることもしばしばです。一方、ミル打ちがお嫌いな方は「あのブツブツが気持ち悪いから嫌!」とおっしゃられるのです。お好きな方は良いとして、お嫌いな方は実際にミル打ちを写真以外でご覧になったことがない方が多いようです。
写真のミル打ちはドットがはっきり大きく写っているため見方によっては変な感じに見えなくもないかもしれませんが、写真は実物を接写で写しているので実物のミル打ちのドットは本当に目を近ずけてみないと見えないぐらい小さなドットなのです。ミル打ちが施された部分はマット加工のように金属の冷たさを消してくれる効果があるのです。
お嫌いなものは無理にお勧めいたしませんが、もし先入観があって素敵なデザインをチョイスしないとしたらもったいないですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークお問い合わせもできますよ。
友だち追加