サファイア1.6ctをK18ミル打ちリングへリフォーム

はぎ妻です

今日はM.Yさまよりお持ちいただいたサファイアリングのリフォームをご紹介いたします。

こちらが1.6ctの古いサファイアリングです。
* ビフォー *

お母様の語彙品とのことで、

もう少し普段に身につけやすいデザインになさりたいとのご相談でした。

お勧めさせて頂いたこともあって、

k18イエローゴールド製になさり、ミル打ちアンティーク風のデザインへリフォームなさいました
* アフター *

縦置きだったサファイアが横置きになっただけでも大変カジュアルな印象になるのですが、

K18イエローゴールド製の枠ですとカジュアルなだけではなくサファイアの色味が引き立ちますね

アームの両サイドのミル打ちも高級感とアンティーク感があるので素敵です

K18イエローゴールドの色味も最近の日本製のものはお肌に馴染みやすい優しい色合いなので、M.Yさまにもお気に召していただけました。
M.Yさま、この度は大切なサファイアを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

ブランド品などの買取店などで販売している宝石は、以前どなたかが使っているものを買い取った後に磨いて販売している中古品です。
一方、ご家族の方から譲り受けられた宝石も言ってみれば同じ中古品です。同じ中古品ではありますが、身につけられるのはご家族の方から譲り受けられたお品だけになさった方がよろしいです。
宝石は身につけていた方の思念が一番篭る物質と言われています。いくら激安だからと言って、以前どんな方がどんな事情で手放されたかもわからない宝石を身につけられるのは大変恐ろしい気がします。ですがご自分のご家族の方が身につけられていた宝石は、貴女への愛情や貴女の幸せを願う気持ちが必ず宝石の中に込められているはずです。
ご家族から譲り受けた宝石、特にご遺品は是非お守り代わりに身につけることをお勧め申し上げます。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加