古いアメジストをアンティーク風リングへリフォーム [ 神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、少し前にも当店でダイヤモンドリングをリフォームしてくださいましたN.Yさまアメジストリングのリフォームです。

お持ちいただいたのは、

8.51ct(16mm×12mm)のバフカットの大変古いアメジストリングです

* ビフォー *

バフカットとは、

表面がつるっとしていてカボッションカットみたいな感じなのですが、
カボッションカットは底辺がまっすぐ平たいのに対し、
バフカットは底の部分が例えていうならダイヤモンドの下半分みたいにカットされていてキューレット(尖った部分)があるんです。

ですから、表面はつるっとしていてカットが入っていないのに、
そのつるっとした表面の奥にカット面が薄っすら見えるので、ちょっとカット石のような光り方をするんです

こんな素敵なアメジストですが、
このままではあまりにデザインが古くて身につけにくいとのご相談でした

こちらをK18イエローゴールド製でアームにメレダイヤとミル打ちが施されたシンプルですが

ちょっとアンティーク風のこちらのリングにリフォームさせていただきました

* アフター *

アメジストが大粒なのでアームのデザインや全体のフォルムがわかりにくくてすみません

大粒のアメジストに見合った高級感のある洗練されたリングに生まれ変わりました

高さがあるように見えるかもしれませんが、

バフカットのキューレットが台座の一番下まできています。

アメジスト自体の厚みが結構あるんで、台座の高さはございません

リフォームが仕上がって、N.Yさまはいろんなところに身につけて行かれるようになったそうですが、

どこに行っても
素敵なリング
って大変褒められるようになったそうです
良かったですね

N.Yさま、この度は大切なアメジストを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

バブルの頃には色石は流行っておりましたが、最近ではダイヤモンドの人気に隠れてしまって色石の人気はあまり思わしくなくなりました。
そんな色石ですが、デザインを今風の素敵な形にリフォームされたら、ある意味ダイヤモンドよりも個性的で素敵でおしゃれなリングに生まれ変わるんです。
「色石なんて仰々しい」と思うのは、きっと昔のリングデザインのせいですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加