古いダイヤリング2点が3点の新しいジュエリーへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、F.Hさまよりお持ちいただいた2点のダイヤモンドリフォームです。

まず最初にご紹介するのは、

こちらの0.465ctの立爪ダイヤモンドリングです
* ビフォー *

ダイヤの後ろに横線のような模様がありますが、

それでもやはり身につけにくい立爪の古いリングですね

こちらをPt900製で

人気のメレダイヤ取巻きリングへリフォーム致しました
* アフター *

ビフォー写真と同じダイヤとは思えないほど、素敵で身につけやすいリングに生まれ変わりました
次に、
もう1点お持ちいただいたメレダイヤがたくさんついた古いダイヤモンドリングです
* ビフォー *

まず、こちらのダイヤを全部使用するのはダイヤに対応する枠がないためできませんので、
メレダイヤ7ピースでハーフエタニティリングへリフォームさせていただきました
* アフター *

7ピーストータルで0.51ctですので、

単品でも重ねづけでも身につけやすいリングに生まれ変わりました

最後に、

こちらのリングからセンターの大きなダイヤ2つのうちの1ピース(0.17ct)だけを使用して、

メレダイヤ取巻きリングへリフォーム致しました
* アフター *

ダイヤモンドリングとお揃いのデザインですし、こちらもおしゃれで身につけやすくなりましたね
F.Hさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

メレダイヤ(極小さいダイヤ)のリフォームは、メレダイヤの直径と枠が指定しているサイズが少しでも合わなければ枠にセッティングすることができないのです。
小さい、ということで枠に余裕やゆとりが生じないようになっているということなんでしょうね。
ですから、0.1ct以上の大きいダイヤモンドの方がセミオーダーメイドでリフォームできる可能性が高いのです。
ですが、もしメレダイヤのリフォームをお考えでしたら、是非実物をご持参の上ご相談くださいませ。お電話やメールではリフォームできるかどうかもお答えが難しいケースが多いんです。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加