立爪1ctダイヤをメレダイヤ取巻きスクエアリングへリフォーム

はぎ妻です

今日はO.Jさまよりご依頼いただきましたダイヤモンドリングアメジストリングのリフォームをご紹介いたします。

まずは、

1.008ctの立爪ダイヤモンドリングをご紹介いたします

* ビフォー *

せっかく大粒の1ctダイヤモンドリングなのに、

こんな立爪リングだと身につけにくい以前に、身に付けたくないですよね

こちらを、

今人気急上昇中のスクエアフォルムにメレダイヤを取り巻いた素敵なリングへリフォームいたしました

* アフター *

ラウンドのメレダイヤ取巻きリングも素敵ですが、

つぎはこれ!!
って感じがしますねー

次に、
同時にお持ちいただいた6.18ct(12mm × 11mm)の古いアメジストリングです

* ビフォー *

こちらのアメジストは、

ご一緒にご来店くださったお嬢様用にと、

K18イエローゴールド製でシンプルなリングへリフォームいたしました

* アフター *

大粒のアメジストですが、ゴールド枠でシンプルなリングにすると

お若いお嬢様にもおしゃれに身につけていただけるリングに生まれ変わりますね

O.Jさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

身につけられない古いでザインのジュエリーをリフォームなさるのなら、是非カジュアルなシーンで身につけられるようなデザインへリフォームなさってください。
例えばショッピングや外食の時などのカジュアルなお出掛けの時に「おしゃれアイテム」として身につけられるようなデザインのジュエリーが最も身につけやすいのではないかと思います。
よくお洋服をチョイスされる時にはシンプルなものが合わせやすいので選ばれがちですが、ジュエリー、特にダイヤモンドリングの場合、1粒ダイヤモンドリングのようなリングデザインでは逆に「エンゲージリング」のように「フォーマルな印象」になり、カジュアルなシーンでは身につけにくくなるんですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加