ご家族の0.2ctダイヤをK18製リングへリフォーム

はぎ妻です

今日は、K.Rさまよりご依頼頂きましたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちいただいたのは、ご家族から譲り受けられた0.26ctの古いダイヤモンドリングです
* ビフォー *

こちらを、

お若いK.Rさまが身につけやすいよう

K18イエローゴールド製で6点留めエタニティ風リングへリフォームいたしました
* アフター *

華奢なフォルムに、キラキラ

文句なく可愛いダイヤモンドリングになりましたね

K.Rさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

「私は指輪なんて身につけないのでペンダントへリフォームしたい」とおっしゃるお客さまに、最近人気のリングデザインをお見せすると、「こんなのだったら素敵だし、身につけやすそうだから、やはりリングにリフォームします」と、ご希望が変わってしまう方が意外と多いんです。
「指輪はつけない」と、おっしゃる方は、宝石がついたリングをお持ちでも、そのデザインが古くて「身につけられない」だけなんです。
昔、ダイヤモンドリングをペンダントへリフォームされた方も「逆に身につけにくくなってしまった」、と当店で再びリングへリフォームなさるというお客さまが多いのも事実です。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加