0.3ctダイヤリング&真珠リフォーム

はぎ妻です

今日は、当店へで何度かジュエリーリフォームのご相談をしてくださったことのあるご家族のお母様のE.Kさまよりご依頼いただいた、2点のジュエリーリフォームをご紹介いたします。

最初にご紹介するのは、

0.361ctのダイヤモンドリングです
* ビフォー *

こちらのリングは昔ご主人様より贈られたエンゲージリングだったそうですが、

いわゆる立爪のデザインだったため何年か前にご自身で今の形へリフォームされたそうなのです

ですが、覆輪でダイヤを覆っているのでダイヤモンドの本来の輝きも無くなってしまい、
またせっかくリフォームされたリングですが、
やはり身につけにくいとのことでずっとしまっておかれた、とのことでした

こちらを、
カジュアルでおしゃれに身につけやすいよう、

K18イエローゴールド製で、人気のスクエアフォルムのメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

ラウンドのメレダイヤ取り巻きリングも可愛くて素敵なのですが、

スクエアフォルムの方は少し大人っぽい?というか、高級感が増したようなイメージでステキです

つぎに、
一緒にお持ちいただいた9mmUPのアコヤ真珠ブローチです
* ビフォー *

ブローチ自体、最近あまり積極的に身につける方をお見かけしませんよね
こちらを、メレダイヤのサークルが2つ重なったデザインのトップをおつけしたK18イエローゴールド製ペンダントネックレスへリフォームいたしました
* アフター *

ブローチでしたらお洋服やシーンを考えてしまいますが、

こんなペンダンとネックレスでしたら、普段のお出掛けの時におしゃれに身につけていただけそうです

E.Kさま、この度は大切なダイヤモンドと真珠を当店でリフォームしてくださりありがとうございました。

ジュエリーリフォームなさる時に、「ご自分のご想像だけ」でデザインやイメージを決めつけてご来店されるお客様が時々来られます。
例えば、「いくつかまとめてブローチにしたい」とか、「でっぱりが無く引っかからないようなリングにしたい」などなど、です。
私どもはお客様のご希望を伺いますが、それがご希望通りに仕上がって「お客様ご自身がお気に召して身につけていただけるかどうか?」というのがイメージできるのです。ご希望通りに仕上がっても、それが身につけにくいものであればリフォームなさる意味がございません。
ですから、いくらお客様のご希望でも、仕上がったお品を身につけていただけそうも無い形へのリフォームは徹底的に反対申し上げます。そして別の身につけやすい形をご提案差し上げています。
うちは、そういうお店です(笑)

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加