0.26ctのダイヤを0.3ct用枠のリングへリフォーム

はぎ妻です

今日から仕事始めです!
今年もよろしくお願いいたします

さて、2021年最初のリフォーム例のご紹介は、
I.Hさまよりご相談いただきました0.26ctのダイヤモンドリフォームです。

お持ちになられたのは、以前は古い枠にセッティングされてた0.26ctのダイヤモンドルースです
* ビフォー ✳︎

0.26ctなので、通常0.2ct用の枠がちょうど良いのですけど、

ご希望のスクエアフォルムのメレダイヤ取巻きリングでは0.3ct用枠が一番小さいサイズなのです
ですが、直径からすると0.3ct用の枠にセッティングできるサイズでしたので

K18イエローゴールド製の0.3ct用枠でお作りさせていただきました
* アフター ✳︎

メレダイヤが取り巻いているので、

0.26ctが0.5ctぐらいに見えて、しかも可愛いダイヤモンドリングに生まれ変わりましたhttps://i2.wp.com/hagino-shop.com/word/image/emoji/11.gif

I.Hさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

本物の宝石を身につけることはファッションアイテムの役割だけではありません。
フェイクの宝石はファッションアイテムなだけですが、
本物の宝石は、身につける方を守る御守りになったり、癒しになったり、時には勇気を与えてくれたりするのです。
本物の宝石を身につけたいけど、どうも持っている物はカジュアルなシーンに身につけにくくて、と感じられたとしたら是非デザインを身につけやすい素敵なものへリフォームなさることをお勧めいたします。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加