戻ってきたダイヤモンドをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、3年ほど前にも当店でジュエリーリフォームをしてくださいました岡山県K.Mさまより新たにご依頼いただきましたダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

ある日、お持ちの0.25ctのダイヤモンドリングからダイヤモンドだけが外れてしまい

無くなっていた

そうなのです

探しても見当たらず半ば諦めかけていたところ、お家の中でダイヤモンドを無事見つけることができたそうなのです

そして、そのままこちらのダイヤモンドをリフォームなさりたいと言うことでお送りいただきました。
* ビフォー *

こういう埋め込みっぽい感じでダイヤモンドをセッティングしているリングって

リングが少しでも歪むとダイヤを抑えている部分が緩んでダイヤが外れてしまうことが結構あるんです

こちらをPt900製で、
いつものメレダイヤ取巻きリングよりメレダイヤがたくさん付いているこちらのリングへリフォームなさいました
* アフター *

使用メレダイヤ
直径1.5mm × 12ピース(アーム部分)
直径1.2mm × 14ピース(取巻き部分)
(トータル0.27ct)
割爪にてセッティング

となっております

よくこちらのブログでご紹介させていただいているメレダイヤ取巻きリングとは違うメーカーのリングです。
特徴としては、メインダイヤモンドをたくさんの爪でしっかりセッティングしていることと、メレダイヤの直径も大きめで
アーム部分のメレダイヤの数も片方が7ピースずつセッティングされておりまして、大変キラキラしていてかわいいリングとなりました

早速お送りすると、嬉しいご感想をいただきました

たいへん美しく仕上げていただき、ありがとうございました。
大きい方はゴージャスにキラキラ輝いていて綺麗でうっとりしてしまいます。
リフォームしていただいたリングも可愛く、一度無くしたと諦めていただけに、余計に可愛く思えます☺️
サイズもぴったりです。

「大きい方」と言うのは、また明日にでもこちらのブログでご紹介させていただきますね
お楽しみに

K.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

「いつか私のダイヤモンドも新しいデザインへリフォームしたい」と思いつつ、「高いんじゃ無いかしら?」「なんとなく不安」「面倒くさい」などと考えて、なかなか実行に移せない方々も多くおられるのでは無いでしょうか?
当店の場合、まず、HPの「リフォーム例」のページにたくさんのリフォーム実例とともに、リフォーム代金、古い枠の下取り金額、実際にお客様がお支払いになられた料金が記載されてますので、まずそちらをご参照いただければご安心の上ご相談にお越しいただけると思います。
何より「思いたったら吉日」ですよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加