古いオパールリングをK18横置きシンプルペンダントへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、先日ダイヤモンドリングをリフォームしてくださいましたH.Mさまよりご依頼いただいたオパールのリフォームをご紹介いたします

お持ちいただいたのは、

1.74ctのメキシコオパール(オレンジオパール)です
* ビフォー *

オパールは柔らかいので、

表面に小傷がいきやすいのです
セッティング前に、こちらのメキシコオパールを研磨して、

K18イエローゴールド製で、シンプルな横置きのペンダントネックレスへリフォームいたしました
* アフター *

オパールを研磨したこともありますが、

ゴールド枠にしたことによって、オパールのオレンジ色がよく出て極上のメキシコオパールペンダントネックレスへと生まれ変わりました

H.Mさま、この度は大切なオパールを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

宝石は、それぞれの種類毎に「硬度」が異なります。
一番硬いのはダイヤモンドですが、その次に硬いのはサファイア、ルビーなどのコランダムと言われる宝石です。
一方、オパールの硬度は5〜6程度なので、硬度が高い方ではありませんので、金属に埋め込んだりして石に力が加わると割れる可能性が高まりますので、できれば爪でセッティングするのがお勧めです。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積は無料です。

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加