阪神大震災の記憶

はぎ妻です

昨日は阪神大震災からちょうど15周年でした。

毎年、この季節にはあの恐かった地震のことを書いているので
長くうちのブログを見てくださっている方は
もうご存知だと思いますが、
はぎ家も神戸市東灘区で当時被災しました。

明け方、ゴジラが叫びながら街を踏みつぶす夢とともに
寝ていた私の体に、今まで到底感じた事のない衝撃が走りました。

マンションがこんなに揺れるなんて!?

縦にも横にも、まるで巨人がうちのマンションをシェイクしているみたいに
大きくめちゃくちゃに揺れました。

「死というのは、こうやって突然やってくるものなのだな…」

と、走馬灯のように頭の中に今までの人生のダイジェスト版が流れていました。

20分、位に思えたのに…、
後から聞いたら地震の揺れは20秒位だったらしいです。
20秒の間に、あんなにいろんなことを思い起こせるとは…
不思議です。

揺れが収まると、冷蔵庫が入り口を上に向けて倒れていたり、
壁やガラスが割れていたりと、めちゃくちゃな状態だったのですけど、
幸いにも私達は何の怪我もありませんでした!

…が!

当時飼っていたセキセイインコの2羽…。

夜に置いていた部屋にはタンスや本棚などが一杯で、
地震の揺れのために、その全てがめちゃくちゃに倒れ重なり合っていて一歩もインコのいる部屋に入れなかったのです

時刻は午前6時前。
外は真っ暗、当然電気もつかないのです。

暗闇の中、インコの名前を呼んでも鳴き声や気配も感じられなかった…。

「だめかもしれない…」

こんなことで死なすなんて…嫌だ…!
一挙に悲しみと不安に包まれたのですが、
暗闇にはなす術がなかったのです。

…やっと外が明るくなってから、
はぎちゃんがインコの救出に入って行きました。
あれからだいぶ時間が経っているのに
なんの気配もしない…。
今更ながら背の高い本棚の横にケージを置いて寝ていたことを悔やみました。

半ば、あきらめていたのですが、
ぐちゃぐちゃにつぶされたケージの底のプラスチックの部分に
インコたちはジッと身動きひとつせずに固まっていたのです

そのときのケージの写真です

よかったぁ〜

壊れてしまったケージの代わりに
プラスチックの衣装ケースへ2羽のインコを入れました。
余程恐かったのか、午後になるまで一言も鳴き声をあげませんでしたよ。

地震の当日は、パジャマ姿でうさぎやネコをケージに入れて
道で呆然としている方々をたくさんお見かけしました。
やっぱり、ペットは大事な家族なのですね。

周りのたくさんのお宅では人間だけじゃなくて
たくさんのペットたちも被災したようです…
自分は助かったのにペットは…
という話も伺いました。

あんなにも、たくさんの死が身近にあるような経験は
今後ないかもしれません。
本当に地獄のようでした。

地震等、天災は防ぐ事は難しいですが、
もう二度と経験したくないですね。

阪神大震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。