ピンクダイヤをK18イエローゴールド製へリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、以前当店で一度リフォームしてくださいました、T.Sさまのピンクダイヤモンドの再リフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)
こちらがT.Sさまが以前当店でリフォームしてくださいました0.15ctのピンクダイヤモンドリングです。


★ ビフォー ★
RIMG0059.jpg



こちらのデザインへ以前リフォームなさる時にT.Sさま
「他のリングと重ねづけするのでシンプルなリングの方がいい」
というご希望でしたので何も無いk18ホワイトゴールド製のリングにリフォームさせて頂きました。
ですが、お使いになっていかれるうちに、やはりちょっと「寂しい」感じがしてきたので、
思い切って最近流行のk18イエローゴールド製でエタニティリング風のデザインにリフォームなさる事になりました黒ハート
再リフォームの仕上がりはこちら!


★ アフター ★
RIMG0030.jpg



メインのピンクダイヤが0.15ctでしたので、エタニティリング風の枠ではこちらの6点留めしかサイズが合わなかったのですが、
とてもきれいで可愛く生まれ変わりましたねぴかぴか(新しい)
ピンクダイヤ自体もホワイト系の金属よりもゴールド系の金属の方がピンクの色が濃くきれいに見えますねぴかぴか(新しい)
こちらでしたら1本で身につけて頂いても存在感がございますしグッド(上向き矢印)
他のエタニティリング等と重ねづけなさっても素敵ですよねぴかぴか(新しい)

T.Sさま、再びのリフォームのご依頼、誠にありがとうございます!

最近、イエローゴールド製のジュエリーがとても流行しています。
東洋人は本来、どんなにお肌が白くても、また黒くても「黄色人種」のため、誰でもお肌に黄色い色素が含まれているので、プラチナやホワイトゴールド製等のホワイト(シルバー)系の金属よりもゴールド系の色味の方が肌馴染みがよくお似合いになります。
また、ホワイト(シルバー)系のジュエリーはエレガンスでフォーマルなイメージがしますが、イエローゴールド製の普段使いしやすいカジュアルなイメージがございます。
もちろん、イエローゴールド製のジュエリーをフォーマルなお席に身につけられても全く問題はございませんので、イエローゴールド製のジュエリーの人気は高まる一方グッド(上向き矢印)ですね。
普段使いしにくいジュエリーを是非、普段使いしやすいイエローゴールド製にリフォームなさってみませんか?
お見積もり、ご相談は無料です。

次項有ハギノパールアンドジェム リフォームページ