0.351ctダイヤモンドをフェミニンな曲線の立体的なリングへリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、海外にお住まいのI.Yさまが一時帰国の際にお持ち頂いたダイヤモンドリングのリフォームですぴかぴか(新しい)
こちらがI.Yさまご夫妻がお持ちになられた0.351ctの古い立爪ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0050.jpg

こちらのダイヤモンドリングはご主人のお母様より受け継がれたそうです。
I.Yさまは曲線のフォルムのリングがお好みということで、
以前にも一度お作りした事のあるこちらのデザインにリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0025.jpg

ハーフエタニティの部分がダイヤの真下を緩やかな曲線で切れ間なくセッティングされています。
ちょっと斜め下から撮影すると動きがよくわかりますね。
立体的でフェミニンなリングです。

RIMG0031.jpg
I.Yさまの雰囲気にぴったりの綺麗なリングにうまれかわりました黒ハート

I.Yさま、この度は大切なダイヤモンドリングを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ジュエリーリフォームなさるお客様を拝見していると、一番最初に「良いな」と、ピンと来たデザインにお決めになられる方が圧倒的に多いです。
また、ご自身でお決めになられ仕上がったリフォームデザインはご本人様にとてもよく似合われているし、どことなくご本人様の雰囲気に似ている事が多かったりします。
女性は直感が強い方が多いですから、リフォームデザインを決められる際にはご自身の心の声を大切になさって決められるのが一番のようです。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。