はぎ妻でするんるん
今日は滋賀県からお越し頂きましたO.Yさまダイヤモンドリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

お持ち頂いたのは、こちらのトータルでメレダイヤが18ピースで約0.6ctの古いファッションリングです。

* ビフォー *
RIMG0663.jpg

こちらのブログでも何度も申し上げておりますが、
メレダイヤのリフォームって大変難しいケースが多いのですあせあせ(飛び散る汗)
新しい枠にメレダイヤが0.1mmでも直径が合わない場合はセッティングできずリフォームさせて頂けない事が多いのです。
ですから、こういうメレダイヤのリフォームは遠方の方ではダイヤのサイズ等がはっきりせずお断りしてしまうことも度々なのです。
ですがこちらはちょうどダイヤのサイズの合うハーフエタニティリング枠がございましたexclamation
初めてお作りさせて頂くリング枠になります。
17ピースを使用した0.586ctのハーフエタニティリングにリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0780.jpg

4点留めでしっかりダイヤがセッティングされております。

RIMG0788.jpg

お作りさせて頂いたリングサイズは10号程度ですが、
ダイヤの部分がハーフよりも少し多めになりゴージャスですねぴかぴか(新しい)

RIMG0806.jpg

O.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
メレダイヤ(極小さなダイヤ)のリフォームが大変難しいというお話は、こちらのブログでも何度もさせていただいているかと思います。まず、リフォームご希望のメレダイヤの直径と枠メーカーで制作可能な枠でのメレダイヤ直径の指定サイズが「0.1mm」でも違うと枠にセッティングする事が出来ないケースが多いのです。みなさんはメレダイヤというとどれも同じような大きさに思われるかもしれませんが、通常直径3mm以下のものを指しますので、砂粒のようなものからメインダイヤにも成りうる程度の大きさのものまで色々です。
メインの宝石の脇のメレダイヤ等は通常当店ではリフォームせず下取りさせて頂き、新しい枠には新しいメレダイヤをおつけしております。(その場合、リフォーム代金に含まれております)ですが、今回のようにメレダイヤ自体のリフォームをお考えの方は恐れ入りますが是非一度ご来店いただきご相談くださいませ。メレダイヤのサイズをお計りし、リフォームできるステキなデザインがあるかどうかその場でお調べさせていただきます。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ