はぎ妻でするんるん
今日は名古屋ご在住のI.Aさまよりご依頼頂きましたダイヤモンドリングのリフォームをご紹介いたします。
お送り頂いたのは、こちらの古いデザインのダイヤモンドリング0.19ctです。

* ビフォー *
RIMG0309.jpg

こちらを人気のメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました。

* アフター *
RIMG0014.jpg

0.19ctのダイヤですが、かなり大きくゴージャスかわいく見えるようになりましたねぴかぴか(新しい)
アーム部分も華奢でメレダイヤがキラキラしているのでお洒落感グッド(上向き矢印)ありますね黒ハート

RIMG0022.jpg

RIMG0019.jpg

I.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
20〜30年ぐらい前のダイヤモンドリングの指輪枠はダイヤを大きく見せようとして、ダイヤをセッティングしている爪が大きかったり、台座がお皿のように広かったりしていたので実際のダイヤの大きさよりも大きく見えるんです。
で、大きく見えるから良いかと申しますと、重たくてなんとなくぱっとしないデザインなので概ねあまりお洒落な印象はないんです。
一方、最近流行のメレダイヤ取巻きのリング等は小さなメレダイヤが周りを一周していますが、アーム部分も華奢ですし、メレダイヤのセッティングも爪が目立たないようになっているので同じくメインのダイヤが大きく見えても、こちらの方はすっきり華奢でお洒落な印象のリングなんでご安心くださいね。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

コメントをどうぞ