はぎ妻でするんるん
今日ご紹介するのは、大阪よりご来店頂きましたS.Mさまのダイヤモンドリングリフォームです。
お持ちになられたのは、こちらの0.534ctのダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0412.jpg

昔、ご婚約指輪のデザインでこういうメレダイヤを両脇に1ピースずつセッティングしたデザインが流行りましたが、
やはりこちらも1粒ダイヤモンドリングと同じで普段使いしにくいデザインだそうなのですあせあせ(飛び散る汗)
こちらをk18イエローゴールド製で
メレダイヤ取巻きリングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0007.jpg

k18イエローゴールド製になさるだけでもカジュアルになりますが、
メレダイヤが取巻いているこちらのリングデザインはお洒落度が増しますので普段のお洋服に合わせてお洒落にみにつけられそうですね。

RIMG0016.jpg

RIMG0013.jpg

S.Mさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
指輪のアーム部分にメレダイヤがセッティングされていないデザインですと、アーム部分の金属が妙に光ってしまい何故か冷たい印象になりますが、一方、アーム部分にメレダイヤが連なってセッティングされているデザインですと、メレダイヤは金属より輝くのですが、何故か金属の輝きよりも優しい輝きになるんです。輝き方がメレダイヤの場合はキラキラと優しい柔らかい印象なのです。
メレダイヤがたくさん付いているリングは派手なイメージを持たれていらっしゃるお客様も時々おられますが、メレダイヤが付いていないシンプルなリングの方がちょっと冷たい印象ですしフォーマルな感じになるんですよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。


コメントをどうぞ