古い真珠リングを新しいリングとハーフエタニティリングへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、以前にも当店でリフォームしてくださいましたMさま古い真珠リングのリフォームです。

お持ち頂いたのは、
11mmUPの古い白蝶真珠リングです。

上の方のギザギザにはメレダイヤが付いていたのですが、直径を測るためお外ししてしまった後に撮影しました
* ビフォー *

デザインが少しゴージャスすぎるということで、
まず、こちらの白蝶真珠をシンプルなメレダイヤ付きリングへリフォームいたしました
* アフター *

メレダイヤが両サイドの2ピースずつ、トータル4ピースで0.12ctのメレダイヤがセッティングされている
シンプルですがとってもきれいな真珠リングに生まれ変わりました

そして、ビフォー写真では取り外してしまった真珠リングのメレダイヤは、

全て直径が1.7mmございましたので、K18イエローゴールド製のハーフエタニティリングへリフォームさせていただきました
* アフター *

15ピーストータル0.28ctのメレダイヤが共爪でセッティングされております。
1点の真珠リングから2つの素敵なリングへリフォームできました
Mさま、この度は大切な真珠リングを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

ジュエリーリフォームの中で、リフォームできるかどうかの判断が一番難しいのが極小さなメレダイヤなのです。
特に当店では枠メーカーに型(デザイン)のある枠を使用してリフォーム代金が高額にならないようなご提案をさしあげておりますので、枠の指定の大きさにメレダイヤが0.1mmでも合わない場合、リフォームする事ができないこともございます。
また、リフォームをご希望のメレダイヤの直径がまちまちだったりグラデーションだったりすると、さらにメレダイヤに合う枠が無くなってしまいます。
メレダイヤの直径が3mm以下だったり、また3mm以上でもメレダイヤの直径がバラバラだったりする場合、メールやお電話でリフォーム可能かどうかの判断は大変難しいのです。
メレダイヤをどうしてもリフォームなさりたいとお考えの方は少し遠くてもお品をご持参なさりご来店の上ご相談くださるようお願いいたします。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。