古い色石リングを身につけられるデザインへリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、少し前にダイヤモンドをリフォームしてくださいましたM.Mさまよりお受け取りの際に、新たにご依頼くださいました色石のリフォーム2点をご紹介いたします。

最初にご紹介するのは、

0.43ct(6mm×4mm)のタンザナイトリングです
* ビフォー *

昔の色石リングって、みんな色石の周りをラージメレなどで派手に取り巻いているデザインがほとんどですし、

しかも台座の高さが高いので身につけにくいですし、
フォーマルな印象で気軽に身につけにくいですよね

こちらを、

横置きにしたシンプルなエタニティ風リングへリフォーム致しました
* アフター *

カジュアルな印象のリングに生まれ変わりました
次に、
こちらも同じような古くて派手なデザインの1.10ctのエメラルドリングです。
* ビフォー *

こちらをペンダントになさりたいとのご希望でした。

テーパーダイヤはどうしても使えないのですが、
スクエアのダイヤ2ピースは会うサイズの枠がございましたので、エメラルドのトップに持ってきて縦長フォルムのペンダントネックレスにリフォーム致しました

* アフター *

またまた身につけられるアイテムが増えて良かったですね
M.Mさま、この度も大切な色石を当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

色石はメレダイヤが傍についていることで色味と輝きをサポートしてくれます。
ですが昔の色石のリングで事案は全てゴージャスすぎるメレダイヤの使い方がほとんどですので、「なんだか色石のリングっておばちゃんくさい」感じかしてしまうんですよね。
もし、そんな古いデザインの色石リングをお持ちでしたら是非身につけやすい可愛いデザインへのリフォームをご検討くださいませ。
身につけるだけで、あなたの魅力を引き出してくれる素敵なリングに生まれ変わりますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加