心機一転のダイヤモンドリフォーム【神戸 元町】

はぎ妻です

今日は、当店で何度かジュエリーリフォームなどをしてくださっているE.Aさまダイヤモンドリフォーム2点をご紹介いたします。

E.Aさまは、この度、お仕事の転勤で神戸を離れることとなられたそうで、
ご自分の身につけにくいジュエリーをこの機会にリフォームなさろうとご相談いただきました。
心機一転
ですね

最初にご紹介するのは、

0.54ctのシンプルなPt900製ダイヤモンドリングです。

* ビフォー *

こちらのダイヤモンドリングを
K18イエローゴールド製でメレダイヤ取巻きリングへリフォームさせていただきました

* アフター *

人気のメレダイヤ取巻きリングも可愛いですが、

やはりK18イエローゴールド製の方が肌馴染みがよくカジュアルな印象になりますね

本当に以前とイメージがガラリと変わりました

つぎに、
ご一緒にお持ちいただいた
0.10ctの古いダイヤモンドペンダントネックレス

0.08ctの、こちらも古いルビーのファッションリングです

* ビフォー *

当初、別々にリフォームをお考えのようでしたが、
ダイヤも小ぶりですし、ルビーも極々小さいものですので1点だけだと見栄えもイマイチです

こちらを1つにつないだ華奢で可愛いペンダントネックレスへリフォームいたしました

* アフター *

0.1ctのダイヤを4点留めの枠にセッティングし、華奢な角アズキチェーンを素通し(スルー)しています。
そしてその下に極小さなルビーを揺れるようにセッティングしております

このぐらい小さいダイヤとルビーだから2つ繋げたペンダントでも可愛い印象になるんですよねー。

ルビーとダイヤがケンカせず仲良く縦に並んで素敵なペンダントに生まれ変わりました

E.Aさま、この度は大切なジュエリーを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

リフォームのご相談で「全部合わせて1つの製品へリフォームして欲しい」などと時々ご相談いただくことがございます。でも、ほとんどの場合別々の2つ以上の製品をを1つにリフォームなさることはオススメいたしません。
理由は、全ての宝石を1つにセッティングできるような枠が無い、またセッティングできるような枠があったとしても仕上がりが素敵じゃ無いなどです。(今日のペンダントは素敵でしたが)
「1つにしたらリフォーム代金がお安くなるかも?」「1つにした方が手っ取り早い」など思われておられるかもしれませんが、仮にお手持ちの宝石に合うように枠をフルオーダーメイドで製作したとしても、リフォーム代金は大変お高くなるばかりか、仕上がりもきっと無理矢理感満載でがっかりなさると思いますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。
下記のHPをよくお読みの上お問い合わせくださいませ。

神戸 元町

【LINEはじめました。】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加