喜平ペンダントのダイヤをおしゃれリングへリフォーム

はぎ妻です

今日は、大阪よりご来店いただきましたG.Yさまダイヤモンドリフォームをご紹介いたします。

お持ちになられたのは、

ご家族から受け継がれた0.427ctのダイヤモンドが覆輪留めでセッティングされている古い喜平ネックレスのペンダントです
* ビフォー *

写真でご覧になってもお分かり頂けるように、

本当に太い喜平ネックレスですhttps://i2.wp.com/hagino-shop.com/word/image/emoji/113.gif
30年ぐらい前でしたらおしゃれなネックレスだったのですが、流石に今はどんな方でも身につけられそうにないぐらい古い印象ですねhttps://i2.wp.com/hagino-shop.com/word/image/emoji/113.gif

こちらを同じくK18イエローゴールド製で

おしゃれなスクエアフォルムのメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

大切なダイヤモンドが素敵に身につけられるリングへと生まれ変わりましたね
G.Yさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

ぬか漬けの床は古くなればなるほどいい味を出せるようになるそうですが、ダイヤモンドはケースの中に何年もしまっておいても品質が良くなったり悪くなったりすることはありません(笑)
ダイヤ自体の経年劣化はないものの、ダイヤの枠(デザイン)は20年も置いておけば身につけられないぐらい古い感じに仕上がって?しまいますよ。
経年劣化しないダイヤモンドを身につけないのは勿体無いと思いませんか?是非お持ちのダイヤモンドを身につけてご自身を楽しませてください。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加