立爪ダイヤペンダントをメレダイヤ取巻きリングへリフォーム

はぎ妻です

今日ご紹介するのは、S.Sさまよりご依頼いただきましたダイヤモンドリフォームです。

こちらがお持ちいただいた0.318ctの古い立爪ダイヤモンドペンダントネックレスです
* ビフォー *

ダイヤモンドリングのみならず、昔はダイヤモンドペンダントネックレスさえ、このような大きな立爪でしたから、

当然身につけられずにずっとしまっておられたそうなのです

こちらをカジュアルでおしゃれに身につけやすい、

K18イエローゴールド製でメレダイヤ取り巻きリングへリフォームいたしました
* アフター *

写真でご覧いただくより、実物の方が数倍可愛く身につけやすいリングなので、

実物をご覧になられたS.Sさまにもお気に召していただけましたよ

S.Sさま、この度は大切なダイヤモンドを当点でリフォームしてくださり誠にありがとうございました。

最近では職人が使用する工具などが発達したため、数10年前より細かい細工が簡単に早くできるようになったのです。
それで、昔は爪が大きな、いわゆる立爪ダイヤが主流だったのが、爪が小さく洗練された細工、デザインが可能になりました。
お持ちの立爪ダイヤモンドも、きっと何10年もしまいっぱなしだと思いますが、貴女のダイヤモンドもこんな風に生まれ変わりますよ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加