エメラルドカットのダイヤルースを横置きシンプルリングへ

はぎ妻です

今日は、以前にも当店でジュエリーリフォームをしていただいたことのあるF.Nさまより新たにご依頼いただきましたダイヤモンドルースのリング加工をご紹介いたします。

こちらがご相談くださった0.576ct(5.6mm×4mm)のエメラルドカットダイヤモンドルースです
* ビフォー *

ほんのりブラウンがかった色味の綺麗なダイヤモンドルースですhttps://i2.wp.com/hagino-shop.com/word/image/emoji/11.gif

こちらをシンプルでアームが太めのリングへ加工なさりたいとのご希望でした。

仕上がりはこちらです。
* アフター *

ダイヤモンドを横置きにしたPt900製のアーム太めシンプルリングになりました

こちらのリングデザインは初めてお作りするのですが、
アームの中心に向かって金属が少しくりぬかれたように凹んでいるいる、シンプルですが個性的なデザインですね

F.Nさま、この度は大切なダイヤモンドを当店で加工してくださいまして誠にありがとうございます。

古い宝石をリフォームなさるのも、宝石のルース(裸石)を加工なさるのも、ほぼ同じ工程で、加工代金も全く同じです。
ただ、リフォームの場合古い枠を重量で計算し下取りさせていただき代金に充当するのでその分実費がお安くなります。
ただしルースを加工なさる場合でも、ご不要の金プラチナ製品をお持ちでしたら下取りさせていただき加工代から差し引かせていただくことも可能でございます。
是非、ルースだけお持ちの方もお気軽にご相談くださいませ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。チャット(トーク)でお問い合わせもできますよ。
友だち追加