はぎ妻です

今日は、随分前にお亡くなりになられたお母様のご婚約指輪をリフォームなさったK.A様アメジストリングをご紹介いたします

K.A様のご両親がご結婚される前にお父様がお母様へ贈られたアメジストの指輪です。


★ ビフォー ★

 

アメジストは比較的大粒で表面のサイズが13mm×11mmです。

昔の、言っては悪いですが指輪のデザインは極ありきたりのアメジストリングです。。。
ですが、このアメジストを拝見して、はぎちゃんも私も大変驚きました。

このアメジストの透明感、色、輝き、全てがとても美しいのです

失礼な言い方かもしれませんが、アメジストという石は半貴石なので宝石の中では高価という訳ではありません。
そして、特に珍しい石でもないのですが、
K.A様がお持ちになったアメジストは紫色の中に上品な紺色を覗かせ、液体のような透明感と輝きで満ちておりました

私、こんなに美しいと思ったアメジストは初めてです
美しいだけではなく気品を感じるアメジストです。

ここまでアメジストを褒めちぎったのも生まれて初めてでしょうね

さて、
K.A様は、この美しいアメジストリングを幼い頃から狙って(?)いらしたそうなんです。
それで、お母様がお亡くなりになられた時にお父様に

「リフォームして使ってもいい?」

と、お願いされたそうですが、答えは…

「ダメ…」

だったそうです。。。

このアメジストリングが、唯一お父様に残された大切なお母様との若き日の思い出だったのでしょう。だから「いじっちゃダメ!ずっとこのままで…」と、おっしゃりたかったのかもしれません。

そうして、とても悲しいことにそのお父様もお母様のところへ旅立たれてしまったので、満を持してお母様とお父様のお形見となってしまったアメジストリングをリフォームなさることになりました。

いくら美しいアメジストでも古いデザインではお若いK.A様はいつも身につけられませんからね。

仕上がりはこちら


★ アフター ★

 

指輪の腕にはメレダイヤを配列した極シンプルなリングですが、K.A様の手にとってもお似合いになってました

写真って本当にむずかしいですね。
本当はアメジストも美しいし、指輪のデザインもシンプルですが上品でアメジストをとてもよく引き立たせているのですが、イマイチそれがこちらの写真ではお伝えできないのが残念です

仕上がりの指輪をお渡しして、後日K.A様から、こんなメールを頂戴いたしました


先日は母親のアメジストリングのリフォームありがとうございました。

あれから毎日のように身につけています!

このリングをしていると、電車の中などで、人が見ているような・・・?
自意識過剰?

「いいでしょ〜?ステキでしょ〜?」と得意気になってしまい、
寒くても外で手袋をして隠すのがもったいないような気さえしてしまいます。

カサカサの手には似合わないと思い、ハンドケアが念入りになるというウレシイ効果も(笑)

そして、ご自分の指にはめられたアメジストリングのお写真も添付していただけました

こんなに喜んでくださったら、私ももちろん嬉しいですが、
天国にいらっしゃるお母様、そしてお父様もきっとお喜びになられるに違いありません

K.A様、この度は大切なアメジストリングを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございます。

宝石は工芸品ではありません。
身につけてこそ価値のあるものです。
デザインが古くて身につけられなくなってしまったら、是非リフォームしてまた身につけましょう
ジュエリーリフォームのご相談は、

ハギノパールアンドジェム リフォームのページ