0.5ctUPダイヤモンドを6点留めミル打ち素敵リングへリフォーム【神戸 元町】
はぎ妻でするんるん

今日はK.Aさまよりがご家族から譲り受けられた0.54ctのダイヤモンドリングリフォームをご紹介いたしますぴかぴか(新しい)

こちらがお持ち頂いた古いダイヤモンドリングです。

* ビフォー *
RIMG0368.jpg

枠も爪も大きいので、ちょっと今風ではないですねあせあせ(飛び散る汗)
こちらを同じく6点留めですが爪はもっと小さいミル打ちアンティーク風リングへリフォームいたしましたぴかぴか(新しい)

* アフター *
RIMG0510.jpg

アームの上下にミル打ちが施されていて彫留めでメレダイヤがセッティングされております。
アームもセンターのダイヤに向かって細くなっていくフォルムですので
センターのダイヤが引き立ちますね。

RIMG0511.jpg

もちろん台座の高さも全くなくて
ダイヤの厚み分ぐらいですね。

RIMG0512.jpg

K.Aさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームして下さいまして誠にありがとうございます。
ほぼ同じ大きさのダイヤモンドを同じデザインの指輪枠にリフォームしても、微妙に仕上がりの雰囲気が異なります。
サファイアやルビー等の色石でも同じ、というよりダイヤモンドより個性がわかりやすいかもしれません。
宝石は同じ種類で同じ大きさの物でもカットやカラー、クラリティなどの違いで見た目にもそれぞれ個性があります。
人間一人一人、それぞれに個性があるように、宝石もそれぞれ他に同じ物はない個性的なものなのですよ。
ご自分の宝石の個性、良くご覧になられたらきっと貴女にもわかりますよ。
ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。