メレダイヤ5ピースを0.3ctハーフエタニティリング へリフォーム

はぎ妻です

今日は以前にも当店でジュエリーリフォームをご依頼くださいましたH.Kさまより新たなリフォームのご依頼がございましたのでご紹介いたします。

お持ち頂いたのは、
メレダイヤが爪でセッティングされているクロスペンダントネックレスでした

こちらのメレダイヤの直径次第でリフォームできるかどうか、
あるいはリフォーム可能なデザインが決まってくるので
まずメレダイヤをお外しして直径をお測りしてしまいました

そんなわけで迂闊にも
ビフォー写真を撮り忘れてしまいました
申し訳ございません

ビフォー写真はございませんが、
クロスペンダントのメレダイヤのうち、5ピースだけを使用して

トータル0.33ctのハーフエタニティリングへリフォームさせていただきました

* ビフォー *

ダイヤの間の丸い金属は爪でして、

隣り合わせのダイヤを1つの爪で留めている共爪というセッティングになっております

プラチナの爪部分は鏡面仕上げですので、実際には金属というより小さいダイヤのように見えるため全体的にダイヤが詰まっているように見えるデザインです

クロスペンダントも古いデザインという感じはしませんが、最近は少し飽きられてしまった感じなのでエタニティリングにリフォームされたら

ダイヤもまた生きてきますね

H.Kさま、この度は大切なダイヤモンドを当店でリフォームしてくださいまして誠にありがとうございました。

メレダイヤ(極小さいダイヤ)が付いている古いジュエリーをエタニティリングなどへリフォームなさりたいとのご相談は時々ございますが、なかなかご希望通りにリフォームできないことが多いのです。
0.1ct以上あるラウンドカットのダイヤはご希望通りにリフォームできる可能性は高いのですが、メレダイヤ(極小さいダイヤ)は「直径」をお測りしてみないとご希望のデザイン(枠)にセッティングできるかどうかわかりません。枠の指定のメレダイヤの大きさと0.1mmでも直径が異なるとセッティングできないことがほとんどなのです。
メレダイヤのリフォームご相談はお品ご持参の上、ご来店くださいませ。

ジュエリーリフォームのご相談、お見積もりは無料です。

神戸 元町

【LINE】ブログ更新情報配信してます。トークでお問い合わせもできますよ。
友だち追加